読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discord JP Ring

こちらは数多あるオープンなDiscord日本人コミュニティを紹介するDiscordコミュニティのブログです。

        Discord JP Ringに参加したい方はこちらをクリックしてください。

Discordコミュニティの評価

クローズドよりもオープンなコミュニティのほうが人が増えるのは当然の話。

 

一つのゲーム(ジャンル)で複数のオープンなDiscordコミュニティがある場合、大抵、どのコミュニティも同じ人が参加して、最初はその人数は大体横並びになり顔ぶれも似たような感じになる。
これは常に新しい情報を取り入れる探すような人たちがまず参加するので、現存するところに片っ端から参加するから。

コミュニティ同士での交流がある場合は、自然にそれぞれのコミュニティが、目的や趣旨に違いが自然または意図的に出てきて、お互いに存在価値が高まるような住み分けが出来てくる。
参加者のプレーヤースキルやゲーム内での目標の違いなどによりそれぞれのコミュニティで得られる情報に差が出てくる。


交流がない場合、コミュニティ事の運営のやる気次第で、段々、参加者数の差が出てきて、最終的に人が多い方に加速度的に集約していく。

 

Discordでは、サーバを作る事が容易なために、コミュニティが乱立して、ただ単に人が集まったようなところもたくさんある。
人を集めるのに苦労したと人数自慢するような管理者もいるが肝心の目的が無いコミュニティもある。
競合するコミュニティがなければ、集まるところは一つしかないから仕方なくそこに人は集まる。

もともと志があって作ったわけでないので人が集まってもどうして良いかわからない。
それに身内ギルド感覚で作ってるので、自己中心的で健全性とは程遠い。
管理者が気に入るかどうかがすべての判断基準だ。
自然とアクティブな人とそうでない人とが出来てくる。

 

コミュニティの評価は参加人数ではなく、アクティブな参加者の人数だ。

そして運営の評価はアクティブな人数/参加人数の割り算だ。


コミュニティとして、アクティブでないただ参加してる人は、いないのと同じか、それよりも悪い。
そういう人たちを如何に巻き込んでコミュニティを活発化させるか、それが運営の腕の見せどころだと思う。